2013年3月1日金曜日

OpenCVでWebカメラを使用する


ネット通販で、ELECOM製のUCAM-DLD200BAが安く販売されていたので、実験用に複数購入した。
仕様では、YUY2形式:30fps(~640×480ピクセル)となっており、実験に使えるだろうと考えていた。
(この時点で、最大フレームレートの意味を考えていなかった。)

早試VGAで撮影し、XVIDでファイルに保存してみると、どうも動きがおかしい。FPSを計測してみると8fpsしかでていない

いろいろ調べてみると、室内の環境では照明が十分でないため、カメラ側でシャッター速度を遅くしているためとわかった。

100均でLEDライトを購入し、補助光としてみて試してみる予定

0 件のコメント:

コメントを投稿